クロムハーツの人気を日本とアメリカで比較

1989年に、ロサンゼルス近郊のマリブにて創設されたクロムハーツは、シルバー界の帝王として君臨するブランドです。
いぶしを効かせたゴシックテイストなデザインが中心で、クロス、ダガー、スカルなどのモチーフにきめ細かなデザインを施し存在感があります。
LA、NY発でセレブに人気です。
ロックシンガー、アーティスト、映画スター、スポーツ選手とあらゆるジャンルで活躍する著名人に幅広く人気があるのは一流品としての証しであり、さらにそのステータスを高めます。
日本ではもちろん人気があるクロムハーツ、クロムハーツの買取を強化する買取店も多く増えています。
発祥のアメリカではどのような商品が人気があるのでしょうか。

アメリカの売れ筋

アメリカでは、日本で売られているほど値段は高くなく、そのためアメリカで人気の商品を買い付けて日本に送られてくるという形も多いようです。
クロムハーツの人気のモチーフは十字架や剣、あと、アメリカらしいというか、馬蹄の形をしたデザインのものも常に人気のようです。
もともとは、バイクファッションのボタンなどの留め具として始まって、そのファッション性の高さで人気が集まったのですが、バイクファッションも、馬に乗っての開拓時代からのカウボーイファッションの名残もあるようで、皮製品とシルバーの組み合わせは常に人気です。
アクセサリーだけではなく、タンクトップやTシャツなどの商品もあるので、それらは値段も安く買い易いということで、売れているようです。
売れ筋と人気はちょっと違うのですが、シルバーのクールなイメージにハートや星など、キュートなものがあしらわれたクロムハーツならではの商品も人気が高いようです。

日本の売れ筋

売れ筋は、サングラスや財布、もちろん指輪やネックレスなどのアクセサリーも人気ですが、仕事上結婚指輪以外のアクセサリーはダメというところも多いので、 オンタイム、オフタイム分けている人は、アクセサリーでなく、財布やキーケースを選ぶのかもしれません。
時期によって流行るアイテムが変わるでしょうが、これまでの流行の経緯を考えるとこれからも変わらずに人気があると思われるアイテムは、ネックレス、ブレスレット、指輪といったところです。
また、芸能人が持っていると評判になったアイテムはすぐに流行が広まり、なかなか入手しにくくなってしまいプレミア感が増して、余計に欲しいけどなかなか買えないという状況になるかもしれません。
そのため、影響力が強そうな人や、この人のファッションを参考にしたいと思う人がいる場合は、ブログなどの最新記事をこまめに確認するようにしておけば、流行に乗り遅れずに最新流行アイテムをGETしやすくなるでしょう。
買取店でも中古品の情報や売れ筋ランキングなどの情報は、クロムハーツフリークの方にはかないません。

クロムハーツではゴールドのアイテムも人気です。
オーダーでも22Kの商品などがあります。
クロムハーツのゴールド製品は買取店でも高価買取につながります。
今はインターネットで買取相場を調べられます。
日本とアメリカでは販売価格が違い、人気商品も異なりますがやはりクロムハーツのシルバーは共通で人気があるようです。
販売価格が違うといってアメリカで販売されているものを日本に取り寄せるのは無理があるかもしれませんが、アメリカで高額な買い物をして顧客になれば可能かもしれません。
日本でもクロムハーツフリークの方は正規店で購入されます。
アメリカと日本の需要はブランドではさほど変わりはないように思います。
買取店はブランドの売れ筋を意識しているので買取価格は人気商品によって変わってくるでしょう。