クロムハーツの歴史とその魅力

クロムハーツは絶大な人気を誇るブランドですがその歴史を知っている人はマニアでない限り少ないのではないでしょうか。
最近はクロムハーツの買取業者もたくさんあり、その歴史を踏まえたうえでの査定をしているところも少なくはないです。
買取業者を探す前にクロムハーツの歴史を知っておくのもいいかもしれません。
そのうえで納得の買取価格になればいいですよね。
芸能人にも人気があり、持っているだけでステータスになるクロムハーツの歴史を知ってそれを分かり合える買取店を探してみるのはいかがでしょうか。

創始者

クロムハーツは、現在のデザイナー兼オーナーであるリチャード・スタークが、自分と同じ革のセールスマンであったジョン・バウマンに出会い、彫銀職人であったレナード・カムホートを引き入れることから誕生したブランドです。
バイカーだった彼等は、バイク用レザーファッションの共同ビジネスをスタートさせます。
自分達や仲間達のために作り出したこだわりのウェアやアクセサリーは、口コミで評判を呼ぶようになり、次第にクロムハーツの名は広く知られるようになります。
自分たちが求めるものを自分達で生み出していく内に名が知られるブランドへと成長していきました。

日本上陸

1990年、日本で最初にクロムハーツの取り扱いを始めたのは、青山のコム・デ・ギャルソンでした。
当時はクロムハーツはまだ日本で無名に近い状態で、価格も高価であったことから、思うように人気が伸びることはなかったそうです。
1992年には、ユナイテッドアローズがクロムハーツの取り扱いを引き継ぐようになります。
同年クロムハーツは、アメリカのファッション業界で最も栄誉ある賞とも言われている、アメリカ・ファッション・デザイナーズ協会(CFDA)のアクセサリー部門最優秀賞を受賞しました。
それから、その人気はセレブを中心に一気に広がりをみせるようになりました。
このことが日本にも多くのファンを呼ぶ大きなきっかけになったと考えられています。
1999年には直営ショップ第2号店(第1号店はニューヨーク)として『CHROME HEARTS TOKYO』が青山にオープン
しました。
その後も、大阪、福岡、神戸といった各都市に直営店がオープンするなど、クロムハーツは日本でもどんどん注目の高いブランドへと成長していきました。
クロムハーツ自体もそうですが、ブランドとしての歴史は日本でもまだまだ浅いものです。
それなのにここまで注目されるアクセサリーブランドとして知られているのは、クロムハーツの魅力の高さを思い知らされます。

クロムハーツの魅力

クロムハーツの魅力を聞くと、多くの人がデザインの質感や存在感と言います。
独特の燻し加工がその存在感の秘密となっているようです。
燻し加工は、クロムハーツの顔とも言える部分です。
シルバーアクセサリーは個人でくすみなどのお手入れをする方も多いと思いますが、クロムハーツの場合は燻し加工まで落としてしまわないよう注意することが大切です。
誤って洗浄液などにつけてしまうと「折角の燻し加工がなくなってしまった」なんてことになってしまいます。
革との組み合わせも多いクロムハーツ製品ですので、レザーと共に馴染んでいくその感覚がたまらない方が多いのも納得できます。
レザーのお手入れも専用クリーナーなどで丁寧に行っていけば、一生ものとして使うことも可能ですので、メンテナンスは定期的に行いましょう。

このように歴史や魅力が多いクロムハーツは絶大な支持を得ています。
歴史を知って大事に使い込めば買取の時には高価買取につながります。
これからもクロムハーツの歴史は華々しく続いていくことでしょう。